検疫ケージふた

げっ歯類用分割ケージ蓋(検疫用ケージ蓋)

検疫に大変便利な「げっ歯類用分割ケージ蓋の誕生」
貴重な動物を動物施設に搬入する際の検疫に、このケージ蓋をお勧め致します。
ステンレスとポリプロピレン製なのでオートクレーブ可能です。

特徴
・動物検疫に最適なケージ蓋の誕生
同じケージ内でおとり動物と導入動物を別々の区画で飼育したまま、同居飼育が可能となりその上、動物同士の闘争が防げます。中仕切りがメッシュの為、おとり動物の微生物伝搬が容易です。

・感染実験にも大変便利なアイテム
感染動物と正常動物を別々の区画に入れたまま、同居感染実験が可能です。感染経過を調べるのに最適です。

・低コストを実現
現在使用しているケージの大きさに合わせて分割ケージ蓋の作成が可能。
このため低コストが実現します。
※お客様がお使いのケージ本体に合わせて製作するため価格は別途見積になります。

【特許共同出願中:放射線医学総合研究所/㈱バイオマシナリー】
参考文献:Kokubo T. and Matsushita S., Evaluation of New Cage Lid with Partitioning Barrier Based on Transmission of CAR bacillus in Mice, Exp. Anim., 58, 189-192, 2009】